2021/12/01

平熱が低いわたしは低体温!?―平熱が低いとカラダに悪いの!?―

現代人の冷えの原因は「外気温が低いから冷える」
「エアコンの影響で冷える」だけではなく、基礎代謝の低下
食生活、過度な緊張やストレス、睡眠不足、自律神経の乱れなど多岐にわたっています。
また、現代人は昔に比べ平熱が下がっていると言われています。
「冷えは万病の元」と耳にしたことがあると思いますが、カラダや心の不調と“冷え”が結びついているとも言われ、様々な病気を引き起こす要因となっていると言われています。
カラダが冷えていることは美容面にも影響を与えるため、美しく健康に過ごすためにも今回は効果的な冷え対策を知って実践してみましょう。
低体温とは?
人間は、カラダの中心部の温度が35.0℃以下になると、意識や判断力の低下、循環機能の低下をきたす低体温症と判断されます。
低体温症は山岳事故や水難事故などで耳にすることがある、命にかかわる症状です。
そこまで深刻ではないものの、体温が低いことを「低体温」の状態であると言います。
個人差はありますが、健康な人の体温は概ね36度から37度で調節※されており、外気の寒い冬でも環境に影響されることなく一定に調節される機能が働いています。
体温が35.0℃台と低い場合は低体温であると考えられます。
一方、冷え症とは、体温に関係なく、手足が冷たい、お腹が冷たい、腰が冷たいなど、どこかに冷えを感じ不快や苦痛を感じている状態を言います。
必ずしも低体温と冷え症がリンクしているとは言えません 。
冷えている自覚のない人も?冷えの症状とは
暖かな部屋に入っても手足が温まらない、お風呂から上がると直ぐにカラダが冷えてしまう、布団に入っても足先がいつまでも冷たくて眠れない人は自律神経の不具合から“冷え”を起こしている可能性があります。
さらに“冷え”が進んだ状態になると、顔や足のほてりや上半身だけ汗をかく「冷えのぼせ」と言われる症状が見られることがあります。
冷えているとは思わず、ほてるために素足でいたり、薄着をしたりすることで、カラダをさらに冷やしてしまう悪循環が生じてしまいます。
昔に比べエレベーター・エスカレーターの普及や交通機関の発達など利便性が向上することにより、現代人の運動量は減り、筋肉量も基礎代謝量も減少していると言われています。
その他にも冷暖房の完備により体温調節機能がうまく働かないなどの環境の変化、締めつけの強い衣服や、肌を露出した服装、季節を問わずに冷たい食べ物を口にすることができるなど習慣の変化も冷えを助長してしまいます。
仕事や人間関係の悩みなどがストレスを招き自律神経の働きを乱して冷えに導いてしまうなど原因が多岐に渡っています。

冷え対策の一つとして、鍼灸・マッサージ治療はとても有効です。
また、不妊の原因の一つに、体の冷えが影響しているとも考えられています。

ぜひ、この機会にお試しされてはいかがでしょうか。

当治療室は、当然のことながら感染予防には十分に注意を払っています。

私自身も、すでに2回のワクチン接種を済ませています。

何かありましたなら、どんな些細なことでも構いません。

寄り添った治療をさせて頂きたいと思っております。

また治療には、医師の同意書・診断書があれば
訪問治療を含め、保険適応も可能です。

ご連絡を心よりお待ちしております。

新型コロナウイルス対策として、引き続き当治療室は、以下の点に優位して
治療を行ってまいります。。

1.エントランスに手指消毒の設置
2.・スタッフの出勤時検温及び記録徹底 
3.スタッフのマスク着用&手指消毒
4.施術ベッドのベッドシーツをお客様ごとに交換
5.窓やドアを2時間に1度開けて換気
6.空気清浄機の導入(他の空気清浄機とは違い、PM0.1レベルの微細な粒子を99.95%除去
どうか、ご安心の上でご来室頂ければ幸いです。

ご来室を、心よりお待ちしております。

捧道宏